HOME お知らせ 東部ニューギニアから旧日本軍の兵士の御遺骨が帰還し式典が挙行されました。
お知らせ

東部ニューギニアから旧日本軍の兵士の御遺骨が帰還し式典が挙行されました。

2018.03.01

東部ニューギニア(現在のパプアニューギニア)マダン州などからの旧日本軍の兵士の御遺骨85柱が帰還し千鳥ヶ淵戦没者墓苑にて式典が挙行されました。私は希望の党を代表して参列してきました。

東部ニューギニアでは10万人近い方が亡くなりました。その多くは直接の戦闘ではなく、マラリアやチフスなどの感染症で亡くなったとされています。まだ未帰還の御遺骨が7万柱以上眠るとされ、その収容の迅速化が求められています。

心からの不戦の誓いを込めて献花をして参りました。